きららタイムアニメブログ

きららっぽいアニメはあるが、○○っぽいきららはない。

【こみっくがーるず】第3話 感想・考察 女子高生のとろけるような生活! 小夢ちゃんの肌色多め! クレープの擬人化は斬新でした

f:id:sugarla:20180421045206j:plain

立派なまんが家になるために、かおす先生は今日も闘います。

そんなことより、今回は非常に紳士向けな素晴らしい内容でした。肌色と百合の成分が多めの第3話です。

 

ストーリー

f:id:sugarla:20180421042901j:plain

かおす先生の目の前には編集さん。ネーム見せから始まります。寮での生活は楽しいことがたくさんのようで。先生の笑顔が見られて私もうれしいです。

気になるネームは、タイトルが「クレープと女子高生」。はじまるよー

f:id:sugarla:20180421043001j:plain

編集さんのおっしゃる通り、昨今はグルメ漫画がブームです。その主役が女子高生、かつ現役女子高生のかおす先生が描くとなれば大ヒット間違いなし! ……でしょうか。

不安は的中。何やら似たようなコマが続き、クレープを食べて食べて食べまくっています。しかも、にっちゃにっちゃ、ざっしゅざっしゅ、など奇妙な効果音の数々がジョジョ並みに散りばめられています。

斬新な擬音を編み出したかった先生。やはりボツを食らいます。あばばばばと斬新な叫びを残して沈んでいきます。

 

オープニング

 

~CM~

 

f:id:sugarla:20180421043103j:plain

頼れる寮の仲間たちに意見を求める先生。熱心です。

まずは女子高生に対して他人事であるという鋭い指摘を受けます。どうもお父さん視点だったようですね(?)。

琉姫さん曰く、普通の女子高生は生クリームシチュエーションで神様に祈らないとのこと(胸に生クリームが零れる場面を呼称する彼女の造語はさておき)。ところでかおす先生の苦手とするスタイルのいい子の絵ですが、やっぱり少し下手です。でも第1話よりは改善されていることが確認できますね。

さらに小夢ちゃんには服がダサいと泣きながら言われてしまいます。まんがのキャラも、そして本人も。小夢ちゃんの服がセクシーなのはさておき。かおす(chaos)なのにK? いえ薫子なのでセーフです。ださかおすではありますが。

f:id:sugarla:20180421043207j:plain

先生にとって長い髪は唯一の成長の証だから切りたくない……ならせめて髪型を変えよう! と皆さんの士気が高まります。前回のお団子はとても似合っていましたからね。

先生の後頭部にキルミーよろしく小夢ちゃんのたわわがぶつかります。やったぜと神に感謝する先生。そこ代わってくれと、我々視聴者もまた祈ります。

ツインテかおす先生、とてもラブリーです。

ランドセルと黄色い帽子があればもっと可愛いのに……そんな期待のためにあつらえられたかのように、寮の資料室にはそんなアイテムがありました。やったぜ。

けいおんの澪パターンでスカートの中を晒してしまう先生。それを申し訳なさそうに撮影する琉姫さんと小夢ちゃんが面白いです笑。でも視聴者には見せない。なんでや!

f:id:sugarla:20180421043445j:plain

暴走気味の2人と異なり、ダサいのも個性だ、と寛大な意見を下さる翼さん。なんとお優しいことか。ヘアピンかわいいです。

あなたは何でも褒めてくれるフレンズなんだね、すっごーい! と思いきやそんなことはなく、先輩まんが家ゆえのマジレスが始まります。何よりも画力、構図がワンパターン、展開が単調、キャラの描き分けができていない……。

ごみのごの字の片方の点々まで自分を卑下する先生に、翼さんは「これから」と温かいお言葉で締めてくださります。

そこにママみのある寮母さんが現れ、画力を上げるためにはスケッチよ、と助言を。胸ににゃおす(ねこ)を抱えています。そこ代わって。

 

~CM~キルミンずぅを彷彿とさせます。

 

雨の帰り道。寮にはベレー帽をかぶって先生となったにゃおす先生。馴染んでますね。

この作品は雨の表現が綺麗だと思います。空が暗い日の日本家屋、という雰囲気がよく出ています。そんな風情ある趣に、何やらいやらしい吐息が漏れているようですが……。

f:id:sugarla:20180421043549j:plain

これ桜Trickで見た!

下着姿の小夢ちゃんに覆いかぶさる琉姫さん!

かおす先生、悶絶します。軽く澪パターンにもなります。妄想の中では画力高いです。

百合特有の思わせぶりな笑みも浮かべつつ、どうやらスケッチのためにポーズを指示していただけとのこと。指示もそうですが、スケッチの素材に下着姿の友達を選ぶということも、琉姫さんのいやらしさを物語っていますね。いいぞもっとやれ

 

f:id:sugarla:20180421043718j:plain

そういえば小夢ちゃんからの呼び名が琉姫「ちゃん」になって、距離の縮まりが感じられて微笑ましいです。というのも束の間、抜群のプロポーションを見せてくれます。

しかし琉姫さんの希望する恥じらいの表情が足りないとのこと。後ろからしがみつけ! とかおす先生に指示するも、おんぶになってしまいこれはこれできゅんとなります。

そうだ、つーちゃんを呼ぼう。という琉姫さんの名案が挙げられると、途端に恥じらいMAXの小夢ちゃん。乙女心は複雑です。のってきたー! と琉姫さんも気分上々です。

 

ほんと良い身体してるなあと私のような素人は見て満足なのですが、まんが家さんはそうではありません。これはかおす先生の画力を上げることを発端としたスケッチ大会でした。先生はタブレット上のデジタル描きです。アナログ、デジタルに関係なく、まず先生に足りないのは丸み。

小夢ちゃんを見てみましょう。むちっとしています。ぷにぷにしています。ぽよんとしています。丸みを感じますね。

しかし、そんな素晴らしい丸みを小夢ちゃんは気にしているようで。

ここから百合特有の諍いが始まります。

胸大きいのだから贅沢言うなと琉姫さん。

甘いもの食べていたら勝手に大きくなったと小夢ちゃん。

祈りも捧げていないの!? と驚嘆する琉姫さん。

モデル体型で髪さらさらで羨ましいと小夢ちゃん。

ばかばか! ばかー!

尊い戦いですね。心ゆくまで見ていたいです。

「みんな胸が大きな子が好きなのよー!」という叫びに、異議アリ! と声を上げたのはかおす先生でした。

先生は説きます――胸は重要だが、何より胸のサイズを気にして恥じらう姿、そこに我々は……! と。かおす先生は我々だ。

 

我々もとい先生は成長をあきらめないでと引き止められるものの、なんやかんやあって三度澪パターンでスカートの中を晒しつつお茶でびしょ濡れに。天丼にアレンジが加わりました。

f:id:sugarla:20180421044126j:plain

立て板に水、貧乳にお茶と上手いことを言いながらお風呂場へ。

普通のCくらいがちょうどいいと話していると、お風呂には服を脱ぐ最中の翼さんが! 鍵もかけずになんてことを! やったぜ!

しばらく見ないうちに良い身体になった翼さん。本人は筋肉を希望しているようですが、琉姫さんも私もそれは好みではありません。抱き心地が大事なんです。

 

かおす先生、思い悩んでいます。やっぱり画力が悩みの種のようで。

お菓子をくれる小夢ちゃんの優しいこと。小夢ちゃんのドーナツがあればがんばれそうです。先生は練習を重ねます。

朝になっても食堂に降りてこない2人を心配し、翼さんと琉姫さんは部屋を訪ねます。

「おそようー」(←かわいい)

なんとそこには倒れている2人の姿が!

 

かおす先生はネームの直しに夢中でお菓子すら食べていなかったようです。それは良くない。まんが家は身体が資本ですよと寮母さんに諭され、朝ごはんを義務づけられます。

ところで、本日の朝ごはんのメニューは味噌汁、納豆、冷奴、味噌田楽と大豆成分多めです。この理由がなんとなく垣間見えるのは後ほど。

 

結局、かおす先生は熱で倒れてしまいます。

看病のため、寮母さんは飲み会をキャンセル。大変ですね。電話の相手は「美晴」という女性。どうやらかおす先生のクラスの担任である、虹野美晴さんのようです。彼女はかおす先生が寮生であることは知らないみたいですね。

 

寮のみんなが、かおす先生のお見舞いに来てくれました。各々が思い思いの品を持っています。小夢ちゃんは野菜チップス。琉姫さんはうさぎの着ぐるみ。翼さんは大剣。こうも堂々と持っていられるとサンシャイン池崎みたいです。さすつば。

f:id:sugarla:20180421044448j:plain

再び寮母さんのご飯を食べると、とても美味しく、ほっとする味でした。それはかおす先生の家庭の味で、寮母さんが先生のためを想って作ってくれたのです。泣けます。嬉しくて涙ぐむ寮母さんを見て倍泣けます。

優しい寮母さんは、琉姫さんのために大豆サラダも用意してくれました。たぶん身体のどこかを豊かにするためでしょう。先ほどの謎が解けましたね。

 

皆さんの力を借りて数々の苦難を乗り越えた先生は、再びネームを編集さんへ。

今度のネタは、クレープの擬人化です。すごい鳴き声が聞こえますが、果たして……。

女子高生がクレープに捕食され、完全にボツでした。彼女の戦いは続く!

 

エンディング

 

~CM~

 

次回予告です。

サスペンス風(?)になりました。

いやらしい人が縛られています。

くんずほぐれつということで、来週も楽しみでしかありません。

 

まとめ

このアニメ濃いですね! 全く飽きずに見ることができます。

百合とお色気で男性視聴者を惹きつけながら、かおす先生の挫折と成長を丁寧に描いています。これらを1話30分に収めるのは非常に巧みな技ですね。ギャグの一つを取っても伏線の設置と回収があって、その素晴らしさにもはや言葉もありません。

予想以上に肌色成分多めで、良い意味で予想を裏切られました。もっとお願いします。

第1話の記事で述べましたが、クリエイターがメインのアニメでは劇中作に興味が向きます。今回はかおす先生のネームが見られたので良かったです。ボツですが笑。これが最終話ではどこまで成長するのか? 連載デビューはできるのか? 興味は尽きません。小夢ちゃんの作品も見たいところですが、それはまだまだ先になりそうですね。楽しみです。

 

以上となります。

なんだか私自身の欲望も入り乱れてしまいましたが、最後まで読んでいただけたなら幸いです。

ありがとうございました。