きららタイムアニメブログ

きららっぽいアニメはあるが、○○っぽいきららはない。

【はるかなレシーブ】第7話 感想・考察 目指せアイドル!(嘘) ビーチバレーで友達に、そしてマネージャーの加入!

f:id:sugarla:20180819153527j:plain

アイ! カツ! アイ! カツ! アイドルですよ、アイドル!

かなたの前に現れたのは、ビーチバレー支部に入部希望という大城あかりさん。しかし彼女の思惑は、ビーチバレーよりもアイドルになることにあるようです。さらに言えば、その先には……。

癖のある新キャラ、あかりさん。果たして彼女は仲間になってくれるのでしょうか。

そんな第7話「もう友達でしょ」。

 

 

ストーリー

アバン ~ Aパート

青空の下に可愛いアイドル衣装の女の子がいます。彼女はおそらく例のサイドポニーさん。前回のラストでかなたに接触してきましたね。

なんて呑気なことを考えていると、青空は満員のドームに代わり、彼女のライブが始まりました。

f:id:sugarla:20180819152723j:plain

 

……なんだこれ!?

 

なんとそのままアイドルソングでオープニング突入です。今回はいわゆる特殊OP。

あかりレシーブ、ではなくはるかなレシーブのはず。一応。

アイドルあかりさんの光輝くライブ映像です。飛んだり、増えたり、なんでもありです。提供クレジットの間もあかりコールが鳴り止みません。

どうやら私は彼女のキャラを見誤っていたようでした。

 

CM明けてもアイドルのままでした。大勢のファンにサインをせがまれる人気ぶり。

かと思いきやそれは白昼の妄想で、「大城さん」と呼ぶかなたの声で現実に戻るのでした。長らく謎だった彼女は、大城あかりさんというそうです。長袖のジャージ姿が可愛いですね。前回までは固い表情が印象的でしたが、話してみると意外と朗らか。笑顔でアイドル妄想もします。ちなみに一年生で、一つ下の後輩です。

さて、このあかりさん、どうやらビーチバレーを始めたくてかなたに声をかけたとのこと。その理由として見せたのは、成美さんと彩紗さんが表紙を飾るビーチバレー雑誌なのでした。

 

同じ雑誌を、所変わって遥とクレアさんも読んでいました。成美さんと彩紗さんがワルキューレカップに優勝したことの記事が載っています。なるあやペアの全国チャンピオンという肩書きはやはりこの大会で得たものなのですね。

しかしクレアさんが本当に遥に読んでほしかったのは、準優勝のエクレアペアのページなのです。可愛い。それでも表紙のなるあやペアに注目する遥に、ちょっぴり凹みます。

f:id:sugarla:20180819153235j:plain

二人はどうやらビーチバレー界のアイドルとも言うべき人気らしく、その雑誌では水着グラビアのページがいくつもあるのでした。これ100部ください!

 

f:id:sugarla:20180819153258j:plain

ビーチのワルキューレ・成美さんに憧れるあかりさん。成美さんのような人気選手になりたいとのこと。そしてアイドルとして注目を集め、テレビ、写真集、アーティストデビュー――など妄想が止まりません。通行人にドン引きされています。

ビーチバレー支部に入部する意志があるようで、すでに水着まで用意しているのでした。

一方かなたは、あかりさんとどこかで会ったことがあるような気がしていました。尋ねると、あかりさんは明らかにテンションを落とし、前のジュニア大会で観戦していたからではないかと答えます。うむ、怪しい。

 

f:id:sugarla:20180819153436j:plain

二人がビーチに到着すると、クレアさんのストレッチがエロい。

「かなたとどなた?」ということで、あかりさんの名前と、入部希望の旨を伝えます。そのことに衝撃を受けるクレアさん、うっかり股関節にも衝撃がいきました。

脚をさする間も胸が揺れる、丁寧でエロい描写です。それはさておき、クレアさんによると、あかりさんが入部してくれれば部員5名となるビーチバレー支部ビーチバレー部へと昇格できるそうです。

校則を重んじる生徒会所属のエミリさんと、そうではないクレアさん。姉妹のイチャコラが繰り広げられる中、あかりさんはなんと「私とチームを組んでください!」と頭を下げるのでした。……え?

ビーチバレーのアイドルになりたいあかりさんの発言はおよそビーチバレーの常識から外れたものばかりで、遥ら一同は総ハテナ状態です。かけもちでもOKて……。何が何でもアイドルになりたいという意志だけは伝わります。

f:id:sugarla:20180819153527j:plain

そんなお誘いは、当然断られてしまいます。「私はクレア以外と組む気ないから」というエミリさんの尊いツンデレ発言も聞けましたが、あかりさんはショックの様子。

まだ遥とかなたがいるものの。「比嘉さんは背が低い」「大空さんはまだ素人」とまあまあ毒舌にこき下ろします。エクレアに断られ、はるかなはアウトオブ眼中。あかりさんは入部を辞め、その場を走り去ってしまうのでした。

 

まるで嵐みたいな子、大城あかりさんでした。特殊OPから始まってまさしくその通りだと思います。

クレアとかなたは、何やら彼女に見覚えがあるとのこと。そんな伏線と、忘れ物のバッグを砂浜に残して、次のパートへ。

 

Bパート ~

「あの子友達いないですから」。

辛辣なモブキャラさんです。

かなたと遥があかりさんのクラスを訪ねると、そんな言葉に行き当たりました。モブさん曰く、あかりさんは友達がいないようで、それは彼女が芸能人だから。え?

かなたの脳裏に、ある光景が飛来します。

f:id:sugarla:20180819153704j:plain

「あそれ、わっくわくわくわく、シークヮーサー!」

可愛い!! 幼い女の子が元気に踊っています。

沖縄の人気ローカルCM、わくわくシークヮーサーしーちゃん。それがあかりさんの正体でした。ろこどるかな? 同じく踊るかなたも可愛い。

 

モブさん始め周りのクラスメイトは、あかりさんを、友達を作る気がないと評します。

そんな雰囲気に、思うところのあるかなた。遥に尋ねられて、成美さんが転校してきたときのことを話すのでした。第3話でも語っていたことですね。

f:id:sugarla:20180819153814j:plain

小学四年生で転校してきた成美さんは、大人っぽいせいか、周囲から孤立していました。今のあかりさんと同じように、友達がいらない子と思われていた。しかし本当は、成美さんはみんなと仲良くなりたかったのです。

 

だから、あかりさんも本当は友達がほしいのではと、かなたは考えます。アイドルに憧れるのは、それがみんなと仲良くなれるきっかけになるから。

あかりさんに成美さんを重ねて、かなたは彼女の力になりたいと考えるのでした。天使かな? 何度ブログに書いたかわかりませんが、遥と再会して以降のかなたは、その前とは大違いです。悩んでいる誰かのために積極的に歩み出します。昔の自分を取り戻す(レシーブ)という目標を立派に遂げられていますね。

「だめ……かな?」と遥に聞くところには、まだ少し弱々しさもあります。でもそれは悪いことではなくて、遥への信頼の表れであると思います。

遥は、さすがにそれはお節介、と厳しいことを言います。しょんぼりかなた可愛い。そのうえで「けど、ほっとけないよね!」と笑顔で振り返ります。なんだ天使か。

すると、何やら遥がかなたの耳元に近付きます。そして、

f:id:sugarla:20180819154008j:plain

耳に息を吹きかけるのでした! かなた、絶頂に達します。嘘です。

へなへなと崩れ落ちてしまうかなた。遥曰く、これは元カノの話ばかりする悪い子へのおしおきとのことで、やっっったぜ!!

 

あかりさんは、紙パックのシークヮーサーを飲みながら階段の踊り場でいじけていました。上のジャージは脱ぎ捨てています。

f:id:sugarla:20180819154044j:plain

そこにやって来たはるかな。忘れ物のバッグを渡し、そのまま居座って昼ご飯を食べます。光と影に座る対比が良いですね。HUGっとプリキュア16話を思い出します。それにしても大きなパンですね。

鉄壁スカートの遥、鉄壁スカートのあかりさんにまず切り出したのは、「寂しい?」。ぼっち飯の子に辛辣です! あかりさんはシークヮーサーを噴き出します。さらに遥は、ツンツンのあかりさんにビーチバレー勝負を申し込みます。が、取り合ってもらえません。

すると、今度はかなたです。背の低い自分相手にも勝つ自信ないの、と挑発します。きりりとした表情で可愛い。ちょろいあかりさんは、見事勝負に乗せられます。これが決まると、かなたの表情は緩むのでした。可愛い。

 

さて、エクレアも立ち会って、いつもの砂浜でかなた対あかりさんの勝負です!

f:id:sugarla:20180819154156j:plain

が、その前に、あかりさんはエロ可愛い水着姿で日焼け止めを入念に塗ります。勝負の催促に言った遥、怒られます。どうやらいつものジャージも日焼け対策だったようです。

そんなわけで、ようやく開始。ルールは、半分のサイズのコートで、あかりさんのスパイクが一回でもかなたのコートに決まれば勝利。チャンスは七回。

以前、ビーチバレーのスパイクは取れないのが当たり前、とかなたが言っていました。コートが狭いかつ経験の差が大きいとは言え、かなりハンデのある勝負です。

しかし、そこは我らがかなた。初心者であるあかりさんの思考を読み切って、立て続けにスパイクを防ぎます! さすかな! そして勝負にも関わらず相手に笑顔でアドバイスを送る天使らしさです。

スパイクが完全に通じなくて、あかりさんは徐々に熱くなります。とうとう七回が過ぎてしまいますが、それでもすまし顔のかなたに一矢報いるために、勝負を続行します。アイドルは体力が命。とても負けず嫌いな子です。

 

f:id:sugarla:20180819154332j:plain

良い……。負けてしまったものの、あかりさんの体力と根性は目を見張るものでした。

「楽しかったでしょ」

遥の言葉に、あかりさんも頷きます。遥曰く、人と仲良くなるにはスポーツ。自分の経験から、スポーツを通して友達がたくさんできたと話します。それはやはり、かなた、クレアさん、エミリさん――そしてあかりさんです。

もう私たちは友達。遥はそう言って、手を差し伸べます。あかりさんは、その手をとります。ツンデレなあかりさんは、みんなの笑顔に照れまくりながらも入部を承諾するのでした。やった! クレアさんもうきうきで入部届を渡します。どこから出したの……?

 

入部動機に「どうしても入ってほしいと――」と書く、ぶれないツンデレ

f:id:sugarla:20180819154507j:plain

大城あかりさん、わくわくシークヮーサーのしーちゃんの過去をいじられます。やっぱり有名なようで、エミリさんも納得、クレアさんの踊りが止まりません笑

他県民の遥も動画を見せてもらってようやく情報共有です。

 

夕暮れの帰り道。

一緒にプレイすることで仲良くなれる、スポーツとは不思議なものです。

かなたはあかりさんに、ビーチバレーを通じて成美さんと仲良くなれたことを話します。かなたは、また成美さんとビーチバレーをやりたいと思っています。ただし今度は、ネットを挟んだ対戦相手として。今カノへの配慮を忘れません。

あかりさんは、人付き合いの方法がわからなくて、昔のようなアイドルになることを目指していました。でも、遥たちと友達になれて、これからどうすればいいのかも気付けたという様子。一件落着ですね。

f:id:sugarla:20180819154610j:plain

エクレアペアが優勝すれば自分もテレビ出演のチャンス……! ゲスい笑みを浮かべるも可愛いのでよし。

「みなさんと出会えたこと、私、本当に嬉しく思ってまーす!」

ちゃんと素直な気持ちも持ち合わせております。ちょろい。

 

そんなわけで、あかりさんはマネージャーっぽいポジションに落ち着くのでした。

ビーチバレー部の面々に紫外線対策の指導をします。沖縄に住んでるのに紫外線を気にして過ごすのは大変そうですね。奔放なクレアさんにツッコミを入れたり、しーちゃんいじりで反撃されたりと、すっかり部に溶け込んでいるようで良かったです。

盛り上がってきたビーチバレー部。テンションの上がる遥を先頭に、いつもの砂浜に向かいます。すると、そこに謎の金髪美女がいました。

f:id:sugarla:20180819154713j:plain

エクレアのママ、マリッサさんでした。

 

エンディングです。

こっちは平常運転……と思いきやラストで増えた!

f:id:sugarla:20180819154739j:plain

 

 

まとめ

あかりさんの可愛さとかなたの優しさに打ち震えました!

はるかな「レシーブ」には取り戻すという意味があります。だから昔のようなアイドルになりたいと思うあかりさんの考えはあながち間違いでもないのですが、それは彼女の本心ではありませんでした。友達が欲しいと願うのなら、アイドルになるためにビーチバレーをするのは遠回りというもの。ビーチバレーをやって、あかりさんと遥たちはもう友達になれました。成美さんに憧れていた彼女が、成美さんと同じようにビーチバレーを通じて救われる――素敵なリフレインだと思います。

すでに触れましたが、かなたが昔の成美さんを助けたように、今のあかりさんを助けようと歩み寄ったことに感動です。みんなで一緒に、あかりさんを影から光に連れ出すことができました。そして今回もかなたの様々な表情が見られて大満足です。あかりさんを勝負に誘う気の強い顔、スパイクのアドバイスをする優しい笑顔、しょんぼり顔、遥におしおきされて真っ赤な顔など、何度でも見返したくなります。

あかりさんの水着も良いですね。フリルたくさんで、片足には謎のガーターリングがあり、まさに可愛さ重視といったところです。身体を激しく動かすには適していなさそうで、ビーチバレーについては完全に素人であることが読み取れます笑

さて、マネージャーとプロのコーチが部に来てくれました。次回からは血を吐くような本格的な特訓の予感がします。合宿回とかあれば嬉しいですね。

 

 

以上となります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただけたなら幸いです。

ありがとうございました。