きららタイムアニメブログ

きららっぽいアニメはあるが、○○っぽいきららはない。

【はるかなレシーブ】主題歌OPED 感想・考察 OPは爽やかなメロディではるかな空へ! EDは放課後の優しいひととき

f:id:sugarla:20180802002611j:plain

大好評放送中のきららアニメ、「はるかなレシーブ」。

今期最も熱いと言っても過言ではない、ビーチバレーにかける女の子たちの青春ストーリーです!

今回は、オープニングとエンディングの感想と考察を書いていきます。

(以下に歌詞をいくつか書いていますが、私の耳コピであることをご留意ください)

 

 

オープニング

「FLY two BLUE」

作詞・作曲・編曲 - 西川マコト

歌 - 大空遥(優木かな)、比嘉かなた(宮下早紀)

 

遥とかなた。はるかなの二人で歌う曲です。

Blueの青は海や空を連想させます。Flyだから空メインでしょうか?

元気はつらつで、明るく爽やかなオープニングです!

 

 

f:id:sugarla:20180802002351j:plain

f:id:sugarla:20180802002410j:plain

『So high! かけがえない君に出会えて良かったよ』

きらめく海、白い砂浜に立つコートを進んで、一気に青い空へ。

かけがえない君。早速、尊いワードです。

 

『So fly! 大切な居場所見つけたんだ』

今いる場所を確かめるように砂浜を踏みしめます。

 

『遠すぎる青空 二人肩並べ眺めてた』

それから、意外にも最初に顔が映ったのは成美さんと彩紗さん。

遠すぎる青空とは彼女たちのことか、あるいは彼女たちも果てしない目標を見据えているのか。

 

f:id:sugarla:20180802002444j:plain

『一人きり不安から逃げていた 無くすのが怖くて』

1人で練習する少女を背景に、スク水かなた。腕輪の巻かれた手を掴んでいる様子は、不安の表れでしょうか。第1話から2話の、過去を引きずってまだビーチバレーに向き合えないかなたです。背景で練習しているのは成美さんでしょうか。かなたと成美さんは、ペアであるにも関わらず、精神的にはそれぞれが一人きりでした。

 

f:id:sugarla:20180802002518j:plain

f:id:sugarla:20180802002535j:plain

『大丈夫 二人なら飛べるはず はるかな空へ』

そこに現れ、力強い言葉をかける遥。ようやく見えた二人の表情は、決意の笑みです。遥とかなただけに、はるかな空へ! そしてハイタッチ!

 

f:id:sugarla:20180802002611j:plain

f:id:sugarla:20180802002633j:plain

『So high! かけがえない君に出会えて良かったよ』

はるかなだけでなく、エクレア姉妹、おばあちゃん、カメ吉(そこ代われ)、現時点未登場のサイドポニーさんで大集合。支え合う優しい人の繋がりです。

 

f:id:sugarla:20180802002723j:plain

『So fly! 大切な居場所見つけたんだ』

遥(?)がボールを上げると同時に、5羽の白い鳥が空を行きます。

それと重なるように、5人が手を突き合わせます。遥、かなた、クレア、エミリ、サイドポニーさん(黒い長袖)でしょうか。お揃いの黄色いシュシュを巻いています。これもアニメ本編では未登場ですが、第1話の冒頭で、未来の遥が髪につけていました。

 

中合わせに立つはるかな。お互いの信頼を感じさせます。

『あの光まで届きますように』

遥(シュシュつけてます)がボールを高く上げる先には眩しい太陽。あの光です。そして綺麗な白い羽がひらひらと舞い降ります。

f:id:sugarla:20180802002828j:plain

5つのシュシュ。1つは少し離れています。はるかな、エクレア、サイドポニーさんですかね。サイドポニーさんはマネージャーポジションなのでしょうか。本編楽しみ。

このシュシュ、実はかなり重要なアイテムなのかもしれません。海や砂浜で映える綺麗な色ですよね。

 

曲ははるかなペアの絆を感じさせ、過去を乗り越えて前に進む素敵なものでした! さらにオープニング映像ではペアだけでなく様々な人たちとの出会い、繋がりが印象的です。そんな巡り巡る優しい感情が、沖縄の海と空と相まって素晴らしいですね!

ただ、欲を言えばきららジャンプが見たかった……!

 

エンディング

「Wish me luck!!!!」

作詞 - 小坂りゆ / 作曲・編曲 - NAOKI MAEDA

歌 - 大空遥(優木かな)、比嘉かなた(宮下早紀)、トーマス・紅愛(種﨑敦美)、トーマス・恵美理(末柄里恵

 

私に運が欲しい(Google先生翻訳)。はるかなとエクレアの4人で歌います。4つの!マークは彼女たちのイメージでしょうか。

切なくも前向きになれるメロディのエンディングです。

 

リングノートの左にクレジット、右に登場人物の姿が描かれます。淡く綺麗な色合い。

f:id:sugarla:20180802002914j:plain

『無邪気に照らす笑顔 曇ることがない視線』

まずは遥。教室の机でぼんやりと窓の外を眺めていました。放課後っぽい雰囲気。それからペンを取って、机の上のノートに向かいます。

歌いだしの言葉は、まさに遥を表すようです。

f:id:sugarla:20180802002940j:plain

『君のエンパシー受け取って』

エンパシー(empathy)とは、感情移入。人の気持ちを思いやること。

wikiによると、遥は他人の心を動かすようなエンパシーを持っているそうです。

 

遥がノートに描いていたのは、同じく教室で窓の外を見つめるかなたの姿でした。紙がパラパラとめくられたかと思うと、今度はかなたに視点が据えられます。

f:id:sugarla:20180802003005j:plain

『はるかかなたへ 今、飛べる越える舞い上がっていく 一緒だから ほら、もう何も怖くないよ』

めっちゃ良いサビですね。メロディもさることながら、本作のメッセージの大部分が詰まっているのではないでしょうか。

 

かなたのノートに描かれているのはクレアさん。またもクレアさんに移ります。こうして巡り巡る人の輪を表現されているのでしょうか?

f:id:sugarla:20180802003040j:plain

引き締まったような、微笑んでいるような、そんな表情が素敵です。

それから、次はエミリさん。

f:id:sugarla:20180802003056j:plain

『大きな声で叫ぼう 君のために Wish me luck! Wish me luck!』

私に幸運が欲しい、なのに君のため? でもなんだかはるかなレシーブらしい言葉だなと思います。かけがえのない君と一緒に目指す夢だから、君のために強くなりたい、という爽やかな感じ。

『声合わせて叫ぼう 君のために Good luck! Good luck!』

今度はお互いに頑張ろうねと称え合う、尊い感じ。

 

『また明日』

一周して遥に戻ります。

Zzz……と寝息を立てる遥(笑)で、また明日、もといまた来週。

 

おわりに

以上となります。

はるかなはOPもEDも爽やかで、良い気分になれますね。素晴らしい主題歌を見て聞いて感じるままに書きましたが、最後まで読んでいただけたなら幸いです。

ありがとうございました。